メラニン色素が原因物質

顔の手入れ

治療法もますます充実する

美容医療の発達していなかった時代には、シミを消すことは当然不可能でした。しかし現在では医療用レーザーの照射やケミカルピーリング、フォトフェイシャルといった有効な治療法が次々と確立され、シミを消すことはそれほど難しいことではなくなっています。老人性色素斑という加齢によって起こるシミの症状や、肝斑といった症状も現在では可能です。炎症性色素沈着といったニキビなどが原因で起こりやすい症状についてもやはり消すことが可能な時代です。美容整形での治療と聞くと、痛みなどを想像する人もいますが、現在は医療技術も進歩しており、無痛治療に近い形で治療可能です。レーザーからピーリング、塗り薬などによる治療も確立されており、今後もさらに治療法が充実すると期待されています。

加齢によって次第に増える

肌のシミの原因となるメラニン色素は、実は生まれた時から常に生成されています。ただ若い内は新陳代謝も活発で、ニキビなどによって一時的に色素沈着が起こることはあっても、すぐに肌が再生されて解消されます。しかし加齢を重ねると肌の働きが弱るために、次第に沈着したメラニン色素も排出できなくなります。また老人性色素斑といった、シミの上に肝斑ができる、解消が自力では難しい症状も出やすくなります。このように加齢を重ねるとシミができやすくなるのが人の肌の特徴ですが、他にも若い内でも肌に合わない化粧品を使ってやはりシミができることもあります。出来てしまったシミを消すには、ホームケアか美容整形や皮膚科で治療を受けることになります。最初はホームケアを行い、それでも解消が難しいようならば医者に診てもらうことを勧めます。